カラコンeyemake

これがeyemake(アイメイク)!

カラコンの中でもこれほど分かりやすいのも多くないかな。
カラコンのeyemakeのことです。
  • レンズ直径(DIA):14.0mm
  • 着色直径:12.8mm
  • 含水率:38%
  • 度数(POWER):±0.00、-0.50〜-6.00(-0.25ピッチ)-6.50〜-8.00(-0.50ピッチ)
  • カラー:ブラック・ブラウン
  • タイプ:1ヶ月使用・ワンデー
とにかくデザインはナチュラルなんですが、言葉でナチュラルと書いても分かりにくいですね。
会社や学校でもばれないのを求めるなら、これもいいかも。
縁に向かって薄くなるグラデーションドットデザインで不自然さのない、何とも自然なデザインなんですよね。
カラーはブラックとブラウン。2色で十分!
通販で買うなら「美Labo」ですね♪

eyemake1day(ワンデー)登場!

後から発売されたのが1day(ワンデー)タイプです。それだけ要望があったからでしょうか。それは分かりませんが、ワンデーがあるのとないのでは随分と違います。
もちろん、長期使用にはそれのメリットがありますが、1日の使い捨てにはそれだけのメリットがあります。それぞれの特徴を理解した上で選びたいところですね。
衛生面、安全性、毎日新品を使うわけですから、汚れとかも気になりませんし、何といっても、面倒なケアが不要なのはかなりのメリットですね。

eyemakeの1ヶ月使用のメリット

1ヶ月使用といっても、絶対その期間使えるというわけではありません。あくまえ仕様上のことであり、お手入れの仕方によっては短くもなるでしょう。
特に洗浄のときは注意が必要です。擦って洗うのですが、このときに無理な力が入ってしまうと破れてしまうことがあるのです。
ソフトコンタクトレンズならどのカラコンでもありえることですけどね。
メリットは費用面ですね。これはどうしてもそうなりますよね。

eyemakeブラックの口コミはどう?

どんなカラコンでもそうですが、口コミやレポや装着画像は気になります。あくまでも参考程度にしか見てませんが。
というのも、レンズの大きさやデザイン、装着感の意見が分かれることもよくあります。だいたいの人は良いって書いてるけど、逆の意見があっても当然ですからね。
eyemakeのブラックの場合は、やっぱりレンズの大きさが14.0mmということと、デザインがドットでナチュラルということを考えると、会社や学校でもつけやすいという声が多い気がします。eyemake(アイメイク)ブラックは全体的に良い評判が多い気がしますが、それもどうとるかですからね。
eyemake(アイメイク)ブラック画像
ブラックにするかブラウンにするかはつけてみないとイメージがわかないかも。
ブラックはこちら

eyemakeブラウンは定番かな

黒目のことを考えると、どっちかというとブラウンのほうがばれにくいかな。ちょっとこれははっきりしたことが書けませんが。
eyemake(アイメイク)ブラウン画像
どっちの色を選ぶにしても、つけてからしか判断しにくいので、1dayの両方の色を買ってみて判断するのがいいかも。
ブラウンはこちら
どちらでも学校や会社でばれないカラコンかなと感じます。
かといって、eyemakeも釈由美子さんが愛用してるってのも見たことあるくらいなんで、大人っぽい印象も出るかなと思います。美Labo通販が好きかな。

ナチュラルでいくならアイラボワンデーのナチュラルラインも好き

いろんな種類があるカラコンですが、デカ目、ハーフなどもある中で種類が多いのはナチュラル系でしょう。
年齢的にも10代から30代、もちろん40代でも50代でもちょっとした目元のオシャレに使いやすいですからね。
アイメイクもいいんだけど、最近好きなのがアイラボワンデーなんです。
このシリーズにはブリュムってのとナチュラルってのがラインとしてあります。
評価としてはアイラボワンデー ナチュラルラインのほうが自分としては高いかな。
実は最近目の調子があまり良くないので、大きいのは何だか怖くなってきたというのもあります。このくらいの14.0mmならまだ乾燥もましなのではないかと思ったんです。
この前読んで本のことなんです、目の病気のことが書かれていたんです。角膜の病気とか軽症なら大丈夫でしょうけど、重症になってくると失明の危機もあるとか書かれているのを見ると、やっぱり意識も変わってきました。
ちょっと早くはずそうとか、今日はメガネにしようとか、でもその気持ちが大事なんだろうって思ってるんです。